ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

皮膚科

印刷用ページを表示する更新日:2012年6月21日更新

 ■主な業務内容

皮膚科

毎日、午前・外来があり、皮膚に関する病気の診断、治療を行っています。

 皮膚科かどうか迷うこともあると思いますが、受診していただければ皮膚科疾患でない場合は適切な科に紹介いたしますし、皮膚科の時は疾患に応じて、治療いたします。

 きちんと直せば、何ヶ月もかかった皮膚疾患が数週間、数日で改善されることもあります。
皮膚になにかトラブルがあれば、悩まずに受診してください。



〓ご注意〓

診察時に全身をみることもありますのでなるべく着脱しやすい服装で受診してください。
顔面の場合は化粧をあらかじめ落としておいてください。
受診までに使用していた塗り薬や飲み薬があれば持ってきてください。

  また、みためで診断のつかないものや治りにくいものについては、皮膚生検(皮膚の一部を切り取って標本をつくります)、病理検査をして診断することや血液検査、パッチテスト(かぶれの検査)をすることがあります。
皮膚の病気は人にうつるとよく思われていますが、移らないものが多くありますウイルスや真菌が原因のものはうつりますが、しっしんやじんましん、乾癬はうつりません。

 ご質問や、症状でお悩みの方は是非一度診察にいらしてみてください。

                        外来担当表                     医師紹介

このページのトップへ