ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療 > 泌尿器科

泌尿器科

印刷用ページを表示する更新日:2014年8月20日更新

■主な業務内容

●疾患

前立腺肥大症、尿路結石、腫瘍、尿失禁、神経因性膀胱、腎炎など

●検査設備

尿路造影、エコー、CT、MRI、RIシンチ、尿流動態検査など  

 ●処置、手術

前立腺肥大症(BPH)に対しては、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)など主に内視鏡を使った手術をしています。
尿路結石に対しては、体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)を平成2年より導入しており、これまで1000人以上の患者さんを治療しています。
前立腺癌に対しては、エコー下前立腺生検にて早期発見を心掛けており、病期、年齢にあわせ、治療法(手術、放射線、ホルモン療法)を選択しています。
膀胱癌に対しては、早期癌には経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)、浸潤癌には膀胱全摘+尿路変更術(回腸導管造設術、腸管利用代用膀胱造設術など)や化学療法を行っています。
腎癌に対しては、腹腔鏡手術及び分子標的薬及びインターフェロン療法などを行っています。
神経因性膀胱に対しては、尿流動態検査を行い、適応患者さんには自己導尿の指導をしています。
その他、包茎、陰嚢水腫、停留精巣なども根治術をしています。

●泌尿器科手術症例 2013年4月から2014年3月まで

腹腔鏡下手術悪性腫瘍腎、腎尿管摘除術

開放手術腎部分切除術

腎(外傷)摘除術

膀胱部分摘除術

外科骨盤内全摘に伴う回腸導管造設術

小手術包茎手術

陰嚢水腫根治術

経皮的手術腎ろう、膀胱ろう造設術

PNL、金属マーカー留置術

経尿道的内視鏡手術膀胱腫瘍切除術(TURBT)

29

膀胱結石砕石術

膀胱内血腫除去術

尿路結石除去術(TUL)

12

尿管狭窄拡張術

尿管ステント留置術

13

前立腺切除術(TUR-P)

体外衝撃波による手術体外衝撃波尿路結石砕石術

26

生検前立腺生検

33

合計

163

体における症状において質問や疑問がございましたらお気軽に外来に受診してください。

                       外来担当表               医師紹介

このページのトップへ