ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 院内がん登録

本文

院内がん登録

印刷ページ表示 更新日:2020年8月19日更新

院内がん登録について

院内がん登録は、病院で診断・治療したすべての患者さんのがんについての情報を、診療科を問わず、病院全体で集め登録するものです。他院からの紹介で来た症例が多いのか、また、他の病気でかかっているうちに発見された症例が多いかなど、病院へ来院した経路の違いや、がんの診断・初回の治療を施行した病院、治療の継続や再発治療を施行した病院など、がんの診断から再発治療までで、病院がどの部分の役割を担っているかなどがわかります。

当院は、がん診療連携拠点病院の指定に伴い、院内がん登録を行っております。集めた情報は、
診療支援・研修のための資料
がんに関する統計資料
生存率の計測
愛媛県地域がん登録への情報提供
国立がん研究センターへの情報提供 
がん予防、医療活動の企画、評価
などの、諸活動に利用されます。
また、院内がん登録の情報を利用する際には、国の「個人情報保護法」及び当院の個人情報の利用目的の定めに従い、個人情報に十分配慮しつつ、がん医療の向上に寄与する目的で利用しています。

院内がん登録集計

院内がん登録の集計は、下記の条件で収集し集計しました。
全ての悪性腫瘍(原発部位)、および脳の良性腫瘍を入院・外来問わず登録対象としました。
当院にて初めてがんに対する診断や治療を施行した症例
1腫瘍1登録、多重がんの場合は個別に登録
がん診療連携拠点病院院内がん登録標準登録様式(2006年度版修正版)と(2016年版)に準拠しています。
10件以下の症例は、1~3  4~6  7~9表示しています。

登録数年次推移

部位別 登録数

部位別

 2018年症例の院内がん登録数は、741件でした。
部位別では、登録数の多い順に1.大腸(結腸+直腸)  2.胃 3.肺 4.乳房 5.膵臓です​

登録数推移

男性は60歳代以上が91.4%、女性は80.8%を占めています。

部位別

性別 部位別登録数では、男性は4番目に前立腺、女性は2番目に乳房の登録が多いです。

発見のきっかけ

がんを発見するきっかけは、何らかの自覚症状により受診を含むその他 45.9%、他疾患の検査中などに発見 33.1% がん検診や人間ドックなどの健康診断の結果 6.7%です。

当院受診

当院へ受診した経路は、64.1%が他の医療機関からの紹介受診です。紹介以外は、直接当院へ受診16.1%、他疾患の検査中に発見 18.9%です。

過去の集計はこちら

・2017年

・2016年

・2015年

・2014年

・2013年

・2012年