ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > PET-CTがん検診のお知らせ

本文

PET-CTがん検診のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2019年4月15日更新

実施日 月~金曜日(祝日除く)

一度に身体の広い範囲(頸部~大腿部)の検査が可能です

注射以外に痛みや苦痛を伴いません

PET

PET-CT 600 Motion 
PET検査とは正常細胞より3~8倍も多くブドウ糖を摂取するがん細胞の特性を利用した画期的な検査法です。FDGというブドウ糖に似せた検査薬を体内に注射し、検査薬ががん細胞に集まるところを画像化することで、がんの有無や位置を調べます。また、CT検査を同時に行うことによりがんの代謝や性質に加え、形状や正確な位置を画像として確認し、さらに悪性度を診断することが可能です。

PET-CT検査だけですべてのがんがわかりますか?

PET検査は、がんの早期発見に有効な画期的な検査ですが見つけるのが苦手ながんもあります。例えば、胃がん・腎臓がん・膀胱がん・肝細胞がん・前立腺がんなどです。これらは細胞の性質上、薬が集まりにくい性質であったり、或いは膀胱など正常な状態でも薬がたくさん集まる場所のすぐ近くにあったりするためPET検査では発見しにくいと言われています。そのため、苦手とする部分を補う検査(胃カメラ・腹部超音波検査・腫瘍マーカー検査・マンモグラフィーなど)を併用することをお勧めします。特に腹部超音波検査は半年以内に実施していない場合、セットでお申し込みいただくことをお勧めします。

■予約・お問い合わせ

社会福祉法人恩賜財団済生会今治病院 健診センター

電話(0898)47-6034 (直通)

お問い合わせ時間 月~金曜日 9時00分~16時00分

       (祝日を除く)   土曜日    9時00分~11時00分