ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 乳房撮影装置

本文

乳房撮影装置

印刷ページ表示 更新日:2019年4月15日更新

●当院のマンモグラフィ装置

 競艇の交付金による日本財団助成事業を受けて、平成26年12月16日に設置しました。
 こちらの装置はフラットパネルディテクタ(FPD)が搭載されているため、撮影後10秒ほどで画像を確認することができ、スムーズに撮影を行えます。

●マンモグラフィとは

 乳房のX線撮影のことをマンモグラフィといいます。
 乳房の大部分は乳腺と脂肪組織でできているため、専用の撮影装置を使用します。

●検査について

 一般的に、片方の乳房につき2方向の合計4枚を撮影します。
 検査時間は約10~15分です。必要に応じて追加の撮影をすることもあります。
 すべての撮影において、乳房を圧迫して撮影します。

●使用の効果

 ・乳房を圧迫することで乳腺を広げて、脂肪組織や血管などとの重なりを分離します。
 ・乳房の厚みを薄くすることで、撮影による被ばくが低減されます。
 ・乳房が動くのを防ぐ役割を果たします。
 圧迫により痛みを伴うこともありますが、我慢できないような痛みを感じたときは遠慮なくおっしゃってださい。

●乳房ドック


 乳がんは女性にとって、とても身近ながんです。
早期発見につなげるためにも定期的な健診をお勧め致します。

お問い合わせは午前9時~午後4時の間に当院健診センター 0898-47-6034までお願いします