ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > X線透視装置

本文

X線透視装置

印刷ページ表示 更新日:2019年4月15日更新

透視装置:デジタルラジオグラフィー装置

xsen xsen
           操作卓                           撮影台本体

午前中は主にバリウムを使った胃・腸の検査(健診など)を行っています。
午後は大腸カメラを使った検査治療、胃食道静脈瘤治療や、膵臓、胆嚢、胆嚢、胆管に対する内視鏡的特殊検査、治療をX線を使用して行います。

検査内容
【胃の場合】
バリウム(X線写真に写る検査薬)と発泡剤(胃をふくらませる薬)を飲んで頂き、胃の全体像を観察します。
健診・診断、手術前の形状把握を行います。

xsen xsen
 胃のデジタル画像    拡大、ネガポジ反転画像

Q.どんな時にするの?
一般検診時はもとより、吐き気や胃が痛い時(潰瘍・ガン)などの病気の有無の診断に役立ちます。

一般健康診断希望は当院健診係まで、御連絡ください。
0898-47-2500 内線1240
症状がある場合等は、内科に受診してご相談ください。

【大腸の場合】
バリウムと空気をチューブを使ってお尻から注入し、大腸の全体像を観察します。
大腸ポリープや大腸ガンの検査、健診にて行います。

Q.どんな時にするの?

大腸ガン検診時や、下痢や腹痛のひどい時(大腸潰瘍、ガン)など病気の有無の診断に役立ちます。
症状があるときは内科に受診してご相談ください。

午後は内視鏡検査(大腸カメラ等)を行っています。
大腸ガン検診や下痢や下血の患者さんの診断、また治療を行っています。
(検査だけなら前日より自宅で下剤服用の上、当日日帰りで検査できます。)

cp ck
大腸ポリープ                              大腸癌が上2/3を占めています
(ポリープを切除した場合は一泊入院となります)

【入院時この装置で行う他の検査・治療】
未破裂の胃食道静脈瘤に対する硬化結紮療法、膵炎、膵臓ガンの診断や、胆石症発作を内視鏡的に治療したり、黄疸(体の黄ばみ)の出た患者さんの症状緩和治療(減黄術)を行います。

(これらは特殊検査、特殊治療のため入院必要)