ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 病院の概要と方針 > 沿革・理念

本文

沿革・理念

印刷ページ表示 更新日:2021年4月1日更新

社会福祉法人・恩賜財団 済生会今治病院の沿革・理念

 済生会は明治44年(1911年)医療を受けることが出来ないで困っている人々に救療の手を差しのべるように、という御趣旨の明治天皇の勅語と、その基金として下賜された御手元金150万円を元にして、時の内閣総理大臣・桂太郎を会長に創立されました。

 その時以来社会・経済状態の変化に伴う紆余曲折を経ながらも、創立の精神を引き継ぎ、医療に恵まれない人々に医療サービスと福祉の増進に必要な諸事業を全国規模で行って参りました。

 戦後は、いち早く公的医療機関の指定を受け、昭和27年には組織を社会福祉法人に改め、今日に至っています。

当院理念

 私たちは、済生の精神にもとづき、地域の人々が安心して生活できるよう保健・医療・福祉をささえます。

基本方針

 1.患者さまや家族の皆さまに、やさしく、安全な医療を提供します。
 2.職員一人一人が、専門能力の研鑚に努め、質の高いチーム医療を提供します。
 3.地域中核医療機関として、救急、先進医療、および予防医療の提供に努めます。
 4.地域のがん診療連携拠点病院として、がんの診療を推進します。
 5.地域とのつながりを大切にし、他の医療機関との連携に努めます。
 6.患者さまの立場にたって、情報の開示、信頼される医療をめざします。
 7.よき医療人の育成に努め、職員が明るく安心して働ける職場環境を作ります。

済生会初代総裁・伏見宮貞愛親王

 初代総裁・伏見宮貞愛(ふしみのみやさだなる)親王殿下は、明治45年、済生会の事業の精神を、野に咲く撫子(なでしこ)に託して次のように歌にお詠みになりました。

 

済生会今治病院シンボルマーク

「撫子の歌」

露にふす 末野の小草 いかにぞと
あさ夕かかる わがこころかな

─野の果てで、露に打たれてしおれるナデシコのように、生活に困窮し、社会の片隅で病んで伏している人はいないだろうか、いつも気にかかってしかたがない─

 

この歌にちなんで、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、撫子の花葉に露をあしらったものを、大正1年以来、済生会の紋章としています。