ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 病院の概要と方針 > 病院指標の公開

本文

病院指標の公開

印刷ページ表示 更新日:2020年9月29日更新

令和元年度 済生会今治病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)<外部リンク>

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3 34 33 62 159 256 728 1258 955 245

当院の特徴

令和元年度(2019年度)の退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院の入院患者さんは全年代で退院患者さんがいます。最も多いのは70歳代で、全体の33.7%です。また、60歳代以上の方で全体の85.3%と、比較的ご高齢の方が多いことが分かります。
疾患構成は、消化器系、循環器系、神経系、呼吸器系、外傷系で全体の約78%を占めています。
地域の先生方と共同して、今治医療圏の地域医療に貢献しております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆道疾患(総胆管結石症、胆管炎等) 内視鏡的治療等 134 10.02 9.79 9.70 75.51  
060100xx01xx0x 大腸ポリープ・腺腫 内視鏡的治療等 53 2.28 2.63 1.89 69.42  
060020xx04x0xx 胃の早期悪性腫瘍 内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD) 45 5.80 8.27 0.00 76.71  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 29 19.69 20.84 17.24 80.21  
110310xx99xx0x 尿路感染症・腎盂腎炎等の治療 28 18.36 12.58 17.86 80.54  

内科で最も多い症例は、昨年度に引き続き総胆管結石、胆管炎などの胆道疾患です。内視鏡を用いて結石を除去する治療や、胆道にチューブを留置し、胆汁の流れを良くする治療を行います。次いで、大腸ポリープにスネア(輪状になった電気メス)を用いて切除する内視鏡的粘膜切除術(EMR)を実施する患者さんとなっています。3番目は、胃の早期悪性腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を実施する患者さん、4番目は誤嚥性肺炎、5番目は尿路感染症の治療をする患者さんとなっています。
また、プライマリ・ケア(総合医)としての内科的な基礎診療を行っております。その上に、それぞれの専門医が切磋琢磨する中で、最新の診療技術と知識でより高いレベルの医療を提供できるように努めております。
当科の専門領域としては、消化器内科、糖尿病内科、内分泌・代謝・栄養内科、脳神経内科、リウマチ内科、呼吸器内科があり、それぞれ専門医がカバーしております。​

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル治療(PCI等) 92 2.50 4.4 0.00 72.05  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカ移植術等 41 9.71 10.8 9.76 79.24  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 カテーテル検査 34 3.18 3.15 2.94 72.53  
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸症候群の検査 28 2.79 2.03 0.00 67.82  
050130xx99000x 心不全の治療 25 16.24 17.71 8.00 86.12  

循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患(狭心症・陳旧性心筋梗塞)に対する血管内カテーテル(細い管)を用いた、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を実施する患者さんとなっています。次いで、徐脈性不整脈に対するペースメーカ移植術を実施する患者さんとなっています。3番目は、虚血性心疾患(狭心症・陳旧性心筋梗塞)に対する心臓カテーテル検査となっています。4番目は睡眠時無呼吸症候群の患者に対する終夜ポリグラフ検査をする患者さん、5番目は心不全の治療をする患者さんとなっています。
また、近年では頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション(経皮的カテーテル心筋焼灼術)も実施しています。アブレーション治療とは、過剰な伝導路(心筋を動かす電気の通り道)や不整脈の焦点を焼いて治す治療です。
当科は一般内科、心臓血管外科と密に連携をとり、一般外来から救急救命処置まで幅広く行っています。​

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆のう炎等 腹腔鏡下胆のう摘出術等 45 8.20 7.13 4.44 56.69  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 胸腔鏡下手術等 41 11.93 11.51 0.00 75.34  
060330xx02xxxx 胆のう結石症等 腹腔鏡下胆のう摘出術等 29 6.69 6.37 3.45 62.62  
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術(悪性腫瘍手術等) 20 28.15 16.12 0.00 71.60  
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 鼠径ヘルニア等 20 7.75 4.85 5.00 72.00  

外科で最も多い診断群分類は、胆のう炎に対する腹腔鏡下を用いた胆のう摘出術を実施する症例となっています。次いで、肺がんに対する胸腔鏡下での切除術、3番目は胆のう結石症に対する腹腔鏡下胆のう摘出術、4番目は胃がんに対する悪性腫瘍切除術、5番目は鼠径ヘルニアの手術となっています。
外科では緊急手術も多いですが、予定手術(特に悪性腫瘍)については、放射線科や内科など他の診療科や薬剤部、栄養部、リハビリテーション部など他職種と合同でキャンサーボード(がん患者さんの症状・状態、および治療方針などを意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンス)を行い、安全で適切な治療方法を実施できるよう体制を整えています。
また、患者さんにとって負担の少ない腹腔鏡や胸腔鏡を用いた鏡視下手術を行い、根治性と共に低侵襲性を生かし早期退院・社会復帰を目指しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術等 85 38.11 25.94 82.35 81.96  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節置換術等 28 45.86 23.56 17.86 75.64  
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節境下半月板切除術等 24 6.00 7.12 0.00 59.71  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節置換術等 20 34.65 21.53 10.00 69.30  
070343xx97x0xx 腰部脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)椎弓形成・切除術等 15 36.47 16.54 33.33 73.67  

整形外科で主要な手術は、骨折・外傷の手術、人工膝・股関節手術、脊椎手術、膝関節鏡手術となっております。
最も多い症例は、高齢者の大腿骨近位部骨折に対する人工骨頭挿入術や観血的骨接合術を実施する患者さんとなっています。次いで、変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術を実施する患者さん、3番目は半月板損傷に対する関節鏡手術を実施する患者さん、4番目は変形性股関節症に対する人工関節置換術を実施する患者さん、5番目は腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓形成・切除術を実施する患者さんとなっています。
また高齢化に伴い、脆弱性骨折症例も増えており、急性期病院として積極的に地域の先生方と共同し、治療に取り組んでまいります。​

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等  - 3.00 4.01 0.00 57.78  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 - 4.20 7.90 0.00 78.60  
080006xx97x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり - 2.75 10.28 0.00 76.50  
161000x199x0xx 熱傷(Burn Index10未満) 手術なし - 12.50 12.36 0.00 72.00  
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり - 21.00 24.27 0.00 75.00  

当科では主に皮膚腫瘍(いぼ、ほくろなど、もりあがった腫瘤、皮下腫瘤など)、熱傷(やけど)、外傷(すり傷、切り傷、指のけが、顔の骨折など)、生まれつきの変形(顔、手足など)、瘢痕(傷の跡)、その他(あざ、床ずれ、まき爪、腋臭症など)の疾患を取り扱っています。
患者さんとの信頼関係に基づいた医療を行い、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上にも貢献できるよう、最善の結果が得られるように努力をしています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍 放射線治療(サイバーナイフ等) 90 7.39 17.49 15.56 71.07  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 27 12.26 9.67 11.11 75.48  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 脳保護療法 25 15.80 16.13 40.00 71.00  
010040x099000x 脳出血の治療 24 21.79 18.81 66.67 69.00  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 脳保護療法(肺炎等の合併症あり) 17 17.06 18.24 47.06 67.76  

脳神経外科で最も多い症例は、脳腫瘍に対する放射線治療(サイバーナイフ)を用いた定位放射線治療となっています。次いで、外傷性の頭蓋内損傷(硬膜外血腫・出血等)、3番目に脳梗塞で脳保護療法実施、4番目に高血圧性などによる脳出血、5番目に脳梗塞で脳保護療法実施(肺炎等の合併症あり)の患者さんとなっています。
当科は脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷といったさまざまな脳神経疾患を診療しています。その多くが、一刻を争う緊急対応や高度な診断・治療技術を要求されるものです。
また、脳卒中に対する急性期治療・脳腫瘍に対する手術を含めた集学的治療・コイルやステントを用いた血管内治療を中心に診療を行っており、脳卒中に関しては、当院を含め今治医療圏でホットライン当番3病院の輪番を担い、急性期を過ぎたら地域の回復期リハビリテーション病院と連携し、シームレスな医療・在宅復帰を目指しています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 34 2.38 2.78 0.00 70.82  
110280xx02x00x 慢性腎不全 動脈形成術、吻合術等 13 2.00 8.48 0.00 72.08  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)弁膜置換・形成術等 - 33.44 23.77 0.00 73.89  
050163xx02x10x 腹部大動脈瘤 大動脈切除術(分枝血管の再建を伴うもの)等 - 20.25 19.82 0.00 65.50  
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術等 - 17.00 16.61 0.00 76.00  

心臓血管外科で最も多い症例は、下肢静脈瘤に対する手術症例となっています。次いで、慢性腎不全に対する透析シャント関連の手術となっています。
当科の主な疾患は狭心症・心筋梗塞、弁膜症、大動脈疾患、心房中隔欠損症などの先天性心疾患、末梢動脈疾患、下肢静脈瘤、血液透析用バスキュラー・アクセスなどとなっています。
また、虚血性心疾患や弁膜症に対する開心術や胸部・腹部大動脈瘤の切除術・ステント留置術なども行っており、循環器内科と密に連携をとり、一般外来から救急救命処置まで幅広く行っています。​

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 前立腺生検 62 2.15 2.49 1.61 71.03  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍 経尿道的手術 41 5.78 7.07 2.44 75.73  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 15 4.13 5.61 0.00 66.60  
110070xx97x00x 膀胱腫瘍 その他の手術 - 4.78 7.96 0.00 77.11  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 - 7.86 8.52 0.00 74.29  

泌尿器科で最も多い症例は、前立腺の悪性腫瘍(疑い含む)に対する前立腺生検を実施する患者さんとなっています。次いで、膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的手術を実施する患者さん、3番目に上部尿路結石(尿管・腎結石)に対する体外衝撃波破砕術や経尿道的尿路結石除去術を実施する患者さん、4番目に膀胱腫瘍の治療、5番目に前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術を実施するで上位5位を占めています。
膀胱腫瘍の手術は、尿道から膀胱に内視鏡を挿入し、その先端に付いている電気メスで膀胱内の腫瘍を切除します。患者さんの状態に応じて、手術の直後に再発予防のために抗がん剤を膀胱内に注入(化学療法)する場合もあります。
当科では内視鏡を中心とした低侵襲治療が中心となっています。​

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 70 - 22 15 - 82 1 8
大腸癌 23 32 16 11 - 45 1 8
乳癌 13 - - - - 16 1 8
肺癌 38 - - - - 31 1 8
肝癌 - - - - - 44 1 8

*病期分類基準はUICC TNM分類 第8版となっています。
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんを、初発(UICC病期分類)及び再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、国際的に定められた、(1)原発巣の大きさと進展度(T)、(2)所属リンパ節への転移(N)、(3)遠隔転移の有無(M)のTNM分類によって、各がんをStage(ステージ0からⅣ)に分類するものです。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合、「再発」とは、当院・他院を問わず初回治療を完了した後、当院で診療をした場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
(今回の集計にはStage0は含まれていません)

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽傷 11 9.82 59.91
中等症 73 15.79 81.77
重症 - 12.25 83.00
超重症 - 29.00 87.00
不明 0 0.00 0.00

成人市中肺炎とは、20歳以上の成人が普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
成人市中肺炎診断ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度(ADROP)を用いて集計しています。インフルエンザやウイルスによる肺炎や食べ物などの誤嚥による肺炎は含まれていません。
当院は中等症の患者さんが最も多くなっています。

*ADROP
A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
O(Orientation):意識障害あり
P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下

*軽 症:上記指標のいずれも満たさないもの
*中等症:上記指標の1つまたは2つを有するもの
*重 症:上記指標の3つ以上を有するもの
*超重症:上記指標の4つまたは5つを有するもの

脳梗塞のICD10別患者数等

ダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 105 22.34 73.52 37.19
その他 16 15.25 64.75 2.48

当院に入院する脳梗塞患者の約9割は発症3日以内で、急性期治療および早期リハビリテーションを行い、その後、約4割は回復期リハビリや療養病床へ転院をしています。
今治医療圏では脳卒中に対するtPAホットライン制度を平成22年より導入しており、当院は発足時より輪番を担っています。発症早期の脳梗塞では、tPAという血栓溶解剤の投与に加え、最近はカテーテルを用いた血栓回収療法も行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 102 3.09 11.10 10.78 76.01  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 60 1.52 3.52 3.33 70.18  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 43 0.47 4.37 0.00 76.77  
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 33 5.82 12.00 15.15 81.09  
K654 内視鏡的消化管止血術 29 0.72 13.79 3.45 78.52  

内科での手術は、内視鏡を使用した消化管手術が中心となります。
最も多い手術は、総胆管結石などの胆道疾患に対する内視鏡的胆道ステント留置術となっています。内視鏡的胆道ステント留置術は、内視鏡を用いて胆道にステントを留置し胆汁の流れを良くする治療です。次いで、大腸ポリープに対する内視鏡的粘膜切除(EMR)となっています。3番目に内視鏡を用いた胃の早期悪性腫瘍に対する粘膜下層剥離術となっています。4番目は、胆道疾患に対する内視鏡的乳頭切開術、5番目には内視鏡的消化管止血術となっています。
当科では、小腸病変に対するカプセル内視鏡検査なども実施しています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 80 1.36 2.01 0.00 71.74  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 36 3.61 8.67 2.78 72.47  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 32 1.88 8.22 12.50 79.28  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 25 3.04 6.04 16.00 70.36  
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 23 1.35 4.17 0.00 76.09  

循環器内科で最も多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・陳旧性心筋梗塞)に対する血管内カテーテル(細い管)を用いて、経皮的に冠動脈へステントを留置する手術となっています。次いで、下肢の閉塞性動脈硬化症の患者さんに対する血管拡張術・血栓除去術、3番目に不整脈に対するペースメーカ移植術、4番目に透析患者さんの透析シャント閉塞・狭窄に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術、5番目は1番目同様に血管内カテーテルを用いて経皮的に冠動脈を拡張させる手術となります。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 0.75 6.12 3.90 59.34  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 31 4.10 18.39 9.68 72.90  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 30 2.10 9.00 0.00 73.50  
K672 胆嚢摘出術 28 1.43 15.18 17.86 75.61  
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 27 3.37 34.52 0.00 72.26  

外科の最も多い手術は、腹腔鏡下による胆のう摘出術となっています。次いで、大腸がんに対する結腸悪性腫瘍切除、3番目に肺がんに対する胸腔鏡を用いた肺悪性腫瘍切除術となっています。
当院の特徴は、地域がん診療連携拠点病院の指定もあって、悪性腫瘍に対する手術が多くなっています。胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの5大がん全てに対応しています。また、胆道がん、膵臓がん等の高難度手術も行っています。
近年では早期の胃がん・大腸がんに対しては、腹腔鏡下手術を行い、根治性と共に低侵襲性を生かし早期退院・社会復帰を目指しています。​

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 53 4.25 38.58 73.58 81.92  
K0821 人工関節置換術(膝) 53 2.26 38.68 16.98 73.68  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43 3.91 29.33 86.05 81.16  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 25 2.36 33.40 36.00 72.96  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 22 0.00 5.00 0.00 59.91  

整形外科では、大腿骨を骨折した患者さんに対する骨接合術および人工骨頭挿入術や、変形性股関節症や変形性膝関節症の患者さんに対する人工関節置換術の実施が多くなっています。
当科の特徴は、手術を必要とする急性期の患者さんに対して当院で手術を行い、リハビリテーションを専門的に実施している他施設へ転院していただく患者さんが多くなっています。これは他施設を含めた他職種での情報を共有したチーム医療を実施しています。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.00 2.83 0.00 80.67  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - 0.00 1.75 0.00 66.25  
K0151 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25cm2未満) - 0.00 1.25 0.00 76.25  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 0.00 2.00 0.00 46.00  
K0503 腐骨摘出術(鎖骨,膝蓋骨,手,足その他) - 0.00 10.00 50.00 74.50  

手術の多くは皮膚腫瘍(悪性・良性)の切除術となっています。
患者さんとの信頼関係に基づいた医療を行い、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上にも貢献できるよう、最善の結果が得られるように努力をしています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 1.32 12.39 9.68 76.68  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 10 2.30 13.00 20.00 71.60  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - 1.22 24.22 33.33 62.78  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 6.00 16.38 12.50 75.88  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - 0.00 34.75 87.50 75.25  

手術の半数以上は、脳卒中・外傷に対する緊急手術が占めていますが、脳血管障害の予防的手術、脳腫瘍摘出術に加え、脳血管内治療にも力を入れています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 31 0.13 1.19 0.00 70.74  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 15 0.07 1.93 0.00 71.80  
K5551 弁置換術(1弁) - 5.60 28.60 20.00 71.20  
K5552 弁置換術(2弁) - 18.20 56.00 0.00 76.80  
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) - 4.75 13.25 0.00 71.25  

心臓血管外科は麻酔科体制の事情により主に定期手術のみではありますが、さまざまな疾患に対応しています。
当院の特性ではありますが、慢性腎不全患者さんに対するシャント関連手術が多くなっています。また、透析患者さんに対する冠動脈バイパス術や弁膜症、さらには下肢閉塞性動脈硬化症に対する手術、高齢な方への手術が多いことも特徴的です。他に下肢静脈瘤の治療、症状によっては腹部大動脈瘤に対するステント留置術も行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 44 0.18 4.48 2.27 75.70  
K800-2 経尿道的電気凝固術 17 0.65 5.65 0.00 79.76  
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 15 0.07 2.53 0.00 67.47  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - 1.00 11.00 0.00 73.00  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - 0.00 6.86 0.00 74.29  

泌尿器科で最も多い手術は、膀胱の悪性腫瘍に対する経尿道的手術となっています。次いで、膀胱がん・膀胱出血・膀胱タンポナーデに対する経尿道的電気凝固術となります。
当科の特徴は、腎がんや腎盂がんに対して腹腔鏡を用いた手術、前立腺がん等悪性腫瘍に対する放射線治療など、一人一人の患者さんに応じた診療を行っています。
*ESWL(体外衝撃波砕石術)も実施しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.19
異なる - 0.21
180010 敗血症 同一 12 0.32
異なる 15 0.40
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.03
異なる 0 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 86 2.30
異なる -

0.05

手術・処置等の合併症が多くなっていますが、当院には透析センターが整備されており多くの透析患者さんを診療しています。それに伴い、当院での維持透析患者さんと地域の先生方から紹介される患者さんにより、手術・処置等(シャント閉塞等)の合併症が多くなっていると思われます。
細心の注意を払い診療を施行していますが、起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくように努めています。

更新履歴

2020/09/29
令和元年度の「病院情報」を公開しました。