ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 看護部

看護部長 
認定看護管理者  曽我部 恵子

看護部の理念

患者さま・ご家族と共に歩み、安心できる看護を提供します。

目標

  1. 患者さまの権利、生活を尊重した看護を提供します。
  2. 患者さまのニーズを的確にとらえた看護を提供します。
  3. 医療関係者と協働し、チーム医療の向上を図ります。
  4. 専門職として自己研鑽し、資質の向上に努めます。
  5. 後輩の育成に努めます。

看護部長写真

当院看護部は、全国組織である済生会79病院の一病院として「済生」の精神に基づき、今治医療圏域の急性期中核病院・地域がん診療連携拠点病院として質を担保した看護が提供できるよう努めております。

<看護部が大切にしている事>

1.済生の理念に基づき、患者さま・ご家族に寄り添える温かい心と手で看護します。
  看護専門職として、確かな知識・技術・態度、人としての思いやりや優しさをもった看護を基本とします。患者様の一番身近な医療職として、院内の他職種と協働し、質の高い医療の提供に努めています。
2.人財育成を大切にしています(人材を人財に)
  看護職員が、看護専門職として「なりたい自分」が描ける教育体制を構築しています。学ぶ環境の整備、キャリアアップ  支援体制の充実に努めています。
3.働き続けられる職場環境づくり
  H24年度の病院の新改築により機能的・効率的な施設になっています。ワークライフバランス(仕事と生活の調和)を推進し、ライフサイクルに応じた支援やお互いを認め合う職場風土づくりに努めています。

看護部の概要(平成29年4月1日現在)

病床数:一般 171床(集中治療室8床)、緩和ケア病棟 20床  計191床

入院基本料:7対1

看護方式:チームナーシング、継続受け持ち制、デイPNS

勤務形態:病棟、外来2交代制

重症度、医療・看護必要度:平均27.1%(平成28年度)

平均在院日数:一般病棟のみ15.8日(平成28年度)

病床利用率:92%、一般病棟のみ95%(平成28年度)

【平成29年度看護部目標】

当院では、目標管理を導入しており、病院→部門→部署→個人が目標を立案、実施、評価を行い各自がやりがいを持って仕事に臨んでいます。

1.コスト意識をもって経営に参画する
2.職場環境を整え患者サービスの充実を図る
3.入退院システムの強化・充実ができる
4.外来看護の充実を図る
5.教育体制を活用し自己のキャリア開発につなげる

【看護要員状況】(H29年4月1日現在)

看護職247人(うち非常勤19人)  ナースアシスタント30人

看護職員の平均年齢 35.2歳

認定取得状況:
認定看護管理者 1人
地域看護専門看護師 1人
緩和ケア認定看護師 1人
皮膚・排泄ケア認定看護師 1人
感染管理認定看護師 1人
糖尿病看護認定看護師 2人
がん化学療法看護認定看護師 1人

副看護部長 宮嶋 優里

副看護部長副看護部長として、看護部長の補佐、看護職員教育、看護科長の支援などを主に担当しています。当院は今治医療圏域の中核病院であり、医療だけではなく、看護も地域での中心的な役割を担うことが求められています。より良い看護を患者さま・ご家族はもちろん、地域に還元することを目標に、平成27年度からはeラーニングも導入し、質の高い看護師の育成を目指しています。

専従リスクマネジャー 青陽 光

リスクマネジャ

平成29年7月1日より専従リスクマネジャーとして、病院全体の医療安全管理の推進責任者として活動しています。患者さま・ご家族に、安全で安心な医療を提供できるように、病院全全体で安全推進活動に取り組んでいます。医療チームとして一つ一つの業務手順を検討して、より安全な医療を提供できるように各部門と調整・連携を図ります。

このページのトップへ